×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

弊事務所をご利用頂くメリット・不動産賃貸借

不動産法務の専門家がお話をお伺い致します。

不動産業界に永らく在籍していた行政書士がお話をお伺い致します。

行政書士は「街の法律家」とも呼ばれ、皆様にとって身近な法務やトラブル等を、法律的な知識をもって解決へ導くお手伝いを致します。

例えば、不動産賃貸借であれば「家賃滞納」「敷金精算」「入居中のトラブル」等の解決の為のアドバイスやお手伝いをさせて頂きます。

不動産売買契約であれば「契約」「購入」「売却(任意売却を含む)」に関する事柄 等のアドバイスやお手伝いをさせて頂きます。

行政書士 舘田法務事務所は、これまで培ってきた不動産にまつわる豊富な経験を活かし、皆様のお役に立てるよう努めて参ります。


様々なケースに対応できる知識と経験でバックアップ致します。

例えば一口に「家賃滞納」と申しましても、様々なケースがございます。

家賃を滞納されてしまっている方自身の人となりや、これまでの対応、実際の滞納期間や、連帯保証人様との親密度の推定等により、その対応方法は大きく異なります。

一般に、家賃滞納等があった場合には、不動産業者さまが窓口になりその回収の為に尽力されますが、その為の専門的な部署等を構える大きな業者さま等でない限り、多くの場合その回収率は芳しくはありません。

多くの場合、この回収率の問題は、不動産業者さまが原因なのではありません。

それ程までに、こうした家賃滞納等を含めた、この不動産賃貸管理という業務が高度で専門的な分野であるということなのだと思います。

また、家賃滞納をしている賃借人対し、家賃は回収したいと願うものの、人間関係は崩したくないというオーナー様も、決して少なくありません。

行政書士 舘田法務事務所は、一方的な権利主張や、それを通すためのアドバイスに注力するのではなく、トラブルにあってなお、調和と平和的な解決を願う方々の切なる想いを、法的なアドバイスや書面作成を通じて応援致します。


アフターフォローとご提案

行政書士 舘田法務事務所は、トラブル解決後や各種手続き完了後もご依頼人様をサポート致します。

例えば、弊事務所が案件として携わらせて頂いた物件の入居者退去後の次の入居者を募集するに際しての取組み方についてのご提案等、第二、第三のトラブルが起きないよう賃貸経営の取組み方等のご助言もさせて頂きます。


お問い合わせメールフォームへ
お問い合わせのお電話はこちらまで

賃貸不動産にお住まいの方へのご提案

不動産売買を検討中の方へのご提案

マンション管理組合さまへのご提案